あめみやしろぐ

お仕事(院内SE)のことをかいたり思いついたことをかいたりします。

Ogaki Mini Maker Faire に行ってきた

「Ogaki Mini Maker Faire 2018」に行ってきた 雑感 「Ogaki Mini Maker Faire 2018」に行ってきた www.iamas.ac.jp

岐阜基地航空祭に行ってきた

『ひそねとまそたん』は見よう見ようと思いつつまだ見ていない。どうにも新しく見始める、という行為自体に億劫なものを覚えてしまうのだ。みはじめたらきっと面白いとはわかっているのだけど。 先週(11/18)、岐阜基地航空祭に行ってきた。 自分が使ってい…

フォーメーションの美しさと不穏さ

AKBグループのメンバーの顔と名前が未だに覚えられない。 そうではあるのだけど、とても好きな部分がある。

BCC一斉同報というやり方は未だなくならない

IT

「ウィルス検出のお知らせ」ってメールをたまに受信するのだけど心当たりがないので調べてほしい、という問い合わせがエンドユーザから来た。 結論からいえば、BCCを使った一斉同報と開封通知の合わせ技によるものであったのだけど。

【読書】「オンラインの羊たち」を読んだら泣きそうになった

twitterで単行本が出た、という話を聞いて気になったので『オンラインの羊たち』(詩原ヒロ/Nagisa)を購入。読んでみたのだけど冒頭1P目の「Windows95起動音の描写」から思わず目頭が熱くなってしまう。 起動音がブライアン・イーノー作曲だと知ったのは、…

VS Codeで妙にはまる

IT

2週間ほど前に「Visual Studio Codeが良いらしい」という噂を耳にし、自分でも触ってみようと思い立ちインストールまでしたはいいものの、日本語化するためにlocale.jsonを編集したら「プロセスとして起動してくるがGUIが表示されない」という事象に遭遇し…

「迷惑電話ブロック」がさらりと恐ろしいことを書いている件について

IT

メインのキャリアとしてソフトバンクを使っている。日本でiPhoneがサービスインしてからの付き合いになる。 ソフトバンク公式のアプリとして「迷惑電話ブロック」というものがある。電話の着信があった時、相手が固定電話であれば何者であるかおおよそ判別が…

【読書】「核爆発災害」(高田純/中公新書)を読んだ

以前はてブでも話題になっていた漫画『東京核撃』の監修(というか原作というか)をされている高田純の『東京核撃』(2007/中公文庫)を今更ではあるが読んだ。 rail-to-utopia.net

iPhoneが故障したので本体交換したら妙なところでハマる

IT

就寝前、いつものようにiPhoneをケーブルにつないで充電しようとしたところで「Lightening端子が全く反応しない」、という事実に気づいた。 バッテリ残量も10%程度でありPCにつないでも無反応、というのは打てる手も限られていてなかなかに厳しいものである。

新卒で社内SEというキャリアは本人にとって幸福なんだろうか。

スーツに「着られている」ような新人を街でよくみかける、吉田拓郎の『制服』という歌を口ずさみたくなるような季節の到来である。 弊社にもこの春から新しいメンバーが入り当部に配属された。まさかの新卒である。 実は当部のメンバー、全員が中途採用のた…

「情報処理安全確保支援士」登録名簿の自由記述欄がとても自由な件について

掲題の通りである。 PA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、4月1日付で新たに2,206名を国家資格“情報処理安全確保支援士”(以後、“登録セキスペ”)として登録し、登録証の交付とともに、「登録者公開情報(*1)」等を公表しました。 URL:…

エンドユーザとの遭遇

SIerとはいうものの、専ら客先常駐ではあったし、名乗る社名は自社のものではない。当然名刺はないし自社に戻るのは月に一回程度……というのがこれまでの自分であったのだが、ともあれ技術者の端くれであったし周囲の人間も当然のように技術系だった。Windows…

病院内におけるヒエラルキー、あるいは院内SEの地位の低さというもの

・はじめに ・直接部門と間接部門 ・病院内のヒエラルキー ・はじめに 底辺のSierとして……精一杯よく言えば「二次請け以下のもの」として、悪く言えば「IT土方」として業界をうろついていたのだけれど、何の運命のいたずらなのか病院で院内SEとして(つまり…